特定非営利活動法人 秋田県南NPOセンター
サイトマップ 周辺地図
 
ホーム 法人概要 法人ニュース 助成金情報 広報・情報誌
 HOME > 法人ニュース 秋田県横手市山内武道元気ムラ
秋田県南部男女共同参画センター
南部市民活動サポートセンター
秋田県若者の行動力発揮推進事業
秋田県よろず支援員派遣事業コミュニティビジネス
秋田県よろず支援員派遣事業CSR支援
秋田県よろず支援員派遣事業IT支援
スギッチファンド
秋田県横手市山内武道元気ムラ応援団
◆平成24年5月12日(土)武道集落 大山祇神社にしめ縄奉納◆
昨年、横手市山内武道地区で、「しめ縄づくり」の準備会が行われておりました。

秋田県南NPOセンターが行った元気ムラワークショップの中で、地域住民のコミュニケーションが取りづらくなっているということへの課題解決で出された案でした。

平成24年5月12日の山の神様のお祭りに合わせ、大山祇神社に無事奉納されました。

神社のしめ縄が新しくなったのは実に40年ぶりだそうです。

これをきっかけにいっそう地域の絆が強まり、活気のある地域になっていくことを願っております。

 
 
 
 
 
◆平成23年6月11日(土)武道集落第3回座談会が開催されました◆
昨年の6月に吉谷地分館花壇植栽のお手伝いから一年経過しました。時が経つのは早いものですね。

豪雪や震災の影響もあって、延び延びになっていた横手市山内武道集落の第3回座談会を先日開催しました。

 第3回目の座談会テーマは「これから住みやすい武道集落にするために」と題して2回目まで出た地域の資源やお宝、課題などを現状把握しながら、必要な事や出来るかもしれない事を絞り込みして、実践に向けて話し合ってみました。

↓第3回目の座談会の詳細は武道元気ムラ通信VOL.3をご覧ください。
元気ムラ武道通信VOL3
参加者のお母さん達から夕食の差し入れ♪ 男性グループは、新メンバーも多数参加して
参加者のお母さん達から夕食の差し入れ♪
おにぎり&わらび。。おいしかった。
男性グループは、新メンバーも多数参加して
くださいました。
座談会も盛り上がり何かできそうな事が? 女性グループでは今回もたくましい意見が
座談会も盛り上がり何かできそうな事が?
ありそうな気配です。。。
女性グループでは今回もたくましい意見が
沢山出ました。
武道集落で大事にされている大山祇神社(おおやまずみ神社)
武道集落で大事にされている大山祇神社(おおやまずみ神社)の、 しめ縄は20年前に作られた古いもので、男性チームから神社の「しめ縄」を新しくしてみようという意見が出ました。集落の人が顔を合わせる機会も無くなってしまったし、この機会に技術の伝承をしながら皆で集まってやってみようと 満場一致で決まりました。
◆平成22年10月24日 武道集落第2回座談会が開催されました◆
第2回目の武道集落座談会は日曜の夜に開催しました。 今回は、女性の参加が多くて、色んな意見がでました。

 ↓詳細は武道元気ムラ通信VOL.2をご覧ください。

元気ムラ武道通信VOL2
意見をまとめています。 女性の参加者さん達です。
意見をまとめています。 女性の参加者さん達です。
真剣な眼差しで発表を聞いています 消防団からも参加していただきました。
真剣な眼差しで発表を聞いています 消防団からも参加していただきました。

◆平成22年9月17日武道集落第1回座談会が開催されました◆

まだ夏の残暑が残る9月17日に第1回武道集落「集落を元気にする為の座談会」を
開催しました。

まずは元気ムラ会長さんの挨拶からはじまりました。今まで集落で色んなことを試みてみましたがいまだ手ごたえのある事業を経験していないので元気ムラ応援団と一緒に集落を元気にする取り組みをしたいとお話をされていました。

皆さんの自己紹介が一通り終わってから座談会がスタートしました。
集落のお宝を発掘を兼ねて「集落の良い所、自慢できる所」を話してもらいました。
集落の良い所、自慢の所を話してもらったところ、集落で大事にしている物と共通している事がわかりました。

         ↓詳細は武道元気ムラ通信VOL.1をご覧ください。

元気ムラ武道通信Vol.1

会場は交流会の時と同じ吉谷地分館 あいさつから始まりました。
会場は交流会の時と同じ吉谷地分館 あいさつから始まりました。
座談会盛り上がっています。 集落のお宝?の姥石です。
座談会盛り上がっています。 集落のお宝?の姥石です。
◆平成22年8月25日武道集落ワークショップの打ち合わせ◆

今回は集落の代表の方達と打ち合わせと題して一般世間にも馴染みが少ない「ワークショップ」って何?どんな事をするのか説明してきました。はじめは横文字に拒絶反応示されるかなと心配していましたが「座談会」と置き換えて説明してご理解いただけたようです。

集落の代表の皆様
集落の代表の皆様

推進員の藤原さんのお話では集落の現状は「流れにまかせて流されている」状態だけれども「活性化の機会が来れば動く」という前向きな発言をされていました。

何ともならない→何とかしなければいけない→出来る事からやってみると話を進めていきました。

今ある物や地域のお宝を活用して一歩前進してみましょうという問いかけに昔盛んだった「むしろ織」や「木炭焼き」「えびす俵祭り」など、まさに地域のお宝の話を沢山聞け 問題の100%解決は無理ですが一歩前へ確実に前進できた良い打ち合わせ会でした。

 
お茶をしながらの打ち合わせの様子
お茶をしながらの打ち合わせの様子

 
◆元気村応援チーム横手市山内武道集落交流会◆
平成22年6月6日(日)晴天の気持ちいい1日を秋田県横手市山内武道地区で
元気村応援チームが交流会を行いました。
花壇に花を植えた後に山菜取りになど行いました。
普段は町の中の雑踏を聞くばかりですが、この日は虫たちの鳴く音や木々のゆらめく音など、大自然の音がステレオ放送のように素晴らしい癒の音を体感してきました。
山菜取りの後は地域のおかあさん達が、これはまた心あたたまるお昼ごはんを用意しださり交流会は大成功のうちに終わりました。


          
花壇に植栽している様子 花壇に植栽している様子2
廃校になった学校前 (旧吉谷地小学校)花壇に花を植えている様子です
花植え手伝いの風景1 花植え手伝いの風景2
花植え手伝いの風景1 花植え手伝いの風景2
花植え手伝いの風景3 花植えが終わってからの交流会の様子1
花植え手伝いの風景3 花植えが終わってからの交流会の様子1
花植えが終わってからの交流会の様子2 花植えが終わってからの交流会の様子3
花植えが終わってからの交流会の様子2 花植えが終わってからの交流会の様子3
◆秋田県南NPOセンター元気村応援チーム発進!◆

「県南NPOセンター」元気村応援チーム3人が旧山内村武道集落を訪問しました。
今回は横手市山内地域局・阿野さんの紹介で、これからの交流について、集落の受け入れ が可能かどうかについて話し合うことが目的でした。

少なからず心配しながら訪問しましたが、集落代表の藤原さん、小松さん、そしてお茶とお菓子をふるまってくれたお母さん三人に終始笑顔で迎えていただき、話がはずむほどに リラックスし、
参加者皆で記念写真をパチリ。

武道集落は戸数が26戸、人口が71人、40才以下の若い人が7〜8人とのことで、 数年前から、エビス俵まつりがとだえたことや、村の将来についてさまざまな意見を聞くことができました。

今回は今後の交流をどんな形で進めていくかを中心に話し合いましたが、まず村の
皆などと仲良くなることから始めようと言うことになり、6月にチームと集落の方々と花壇への花の植栽と山菜取りをし、その後、参加者同士でお昼を食べながら交流することになりました。
今後どんな展開になるのかは未知数
ですが、チームとして一歩踏み出した出会いでした。

皆で記念写真をパチリ!
皆で記念写真をパチリ!
話がはずんでいます。
話がはずんでいます。
 
 
   
                  
特定非営利活動法人 秋田県南NPOセンター 
〒013-0061 秋田県横手市横手町字下真山68−3
連絡先 TEL 0182-33-7002 FAX 0182-33-7038
 
HOME | 法人概要| 助成金情報 | 広報・情報誌
コミュニティビジネス支援 | IT支援 || CSR支援若者の行動力発揮推進事業
法人定款 | リンク集 | サイトマップ| 周辺地図 | 会員募集
このウェブサイトについて | プライバシーポリシー
Copyright(C) 2009 . A non profit organization Akita south NPO center All right reserved.
inserted by FC2 system