ホーム 法人概要 法人ニュース 助成金情報 広報・情報誌
 HOME 新しい公共事業 > 平成24年9月の活動
秋田県南部男女共同参画センター
南部市民活動サポートセンター
秋田県広域若者会議ネットワーク事業
秋田県若者の行動力発揮推進事業

秋田県よろず支援員派遣事業コミュニティビジネス支援

秋田県よろず支援員派遣事業CSR支援
法人定款
スギッチファンド
新しい公共
◆2012年9月の活動

●各地区個別具体的にミーティングを重ね共助の組織化が形になってきました。

 ※今までの活動はこちらからご覧になれます⇒

《横手市増田狙半内地区の共助組織「狙半内共助運営体」が設立されました》
共助力アップ支援事業のモデル地区で三つ目の地域共助(助け合い)組織が設立されました。
日次:平成24年9月26日(水) 午後7時〜
場所:秋田県横手市狙半内地域センター


参考 平成18年  世帯 189  人口 659人   人口 5年間で87人減
     平成23年  世帯 182  人口 571人   世帯 5年間で7世帯減
     平成24年  世帯 165
                                
    ※狙半内地区では、ここ1年間で 17世帯減と加速化が進んでいます。


狙半内共助運営体規約

(名 称)
第1条 この会は、狙半内共助運営体(以下「運営体」という。)という。
(目 的)
第2条 この会は、地域課題の解決にあたり、住民自身が主体となり、助け合い、支え合いの精神のもと「共助活動」を実施することにより、狙半内住民がこれからも安心して住み続けられる地域づくりの推進を図ることを目的とする。
(事 業)
第3条 運営体は、前条の目的を達成するため、下記の事業を行う。
   (1)地域の諸課題(雪おろし・雪よせ・通院買い物支援他)解決に向けた事業。
   (2)地域特性を活かした有償ボランティア・コミュニティビジネス事業
   (3)その他前条の目的達成に必要な事業。
(構成員)
第4条 運営体は、下記団体で構成する。
   (1) 狙半内自治会  (2) 狙半内地域センター運営協議会
   (3) 狙半内各集落会長  (4) 老人クラブ
   (5)狙半内地域住民 (6) 第2条に賛同いただける方
(役 員)
第5条 運営体に次の役員を置く。
    (1) 会 長 1名   (2) 副会長 2名  (3) 幹事 5名
    (4) 監事 1名   (5) 事務局
   2 前項の役職は、役員会の互選とする。
   3 監事は他の役職との兼務ができない。
(役員の職務)
第6条 会長は、運営体を総括し代表する。
   2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその業務を代行する。
   3 監事は、運営体会計の状況を適宜、監査し報告する。
(総会及び役員会)
第7条 総会及び役員会は会長又は監事が必要と認めた場合開催する。
   2 成立にあたっての定足数はこれを定めない。
(役員の任期)
第8条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
 
(付則)本規約に記載のない事項については、役員会の合議により決定する。
   2  この規約は平成24年9月26日から施行する


《横手市山内三又地区の共助組織「三又共助組合」が設立されました》
共助力アップ支援事業のモデル地区で二つ目の地域共助(助け合い)組織が設立されました。

日次:平成24年9月21日(金) 午後7時〜
場所:秋田県横手市山内三又コミュニティセンター


【参加者】

三又地区活動員 石沢  三又地区住民計(34人)
横手市 菊池  県南NPOセンター 菅原 、事務局 八嶋、佐藤 

 
 ↓地域の役員の方々です。
 
 

三又共助組合では、地域の高齢者世帯を剪定し屋根の雪下ろしと雪ほり(屋根から落ちた雪を排除する作業)社会実験で行う事になっています。

来年度の活動につなげるために組合の会費や受益者から作業に一部負担をいただくなど資金面での話し合いを行いました。

平成24年度の社会実験の事業計画は下記のとおりです。

事業計画 内容・時期

1)募  集

◆サービスを受けたい世帯の募集と選定
平成24年11月末迄

2)家屋状況事前調査

◆屋根構造、面積、傾斜、雪止設備位置、支障物件等の調査
平成24年12月上旬

3)安全作業講習会

◆消防署等の協力のもとで作業の安全確保
講習会の実施
平成24年12月上旬

4)雪おろし作業

◆5軒
年2回

5)ふりかえり総括

◆平成25年3月上旬

 《横手市大森保呂羽地区の共助組織「保呂羽地区自治会」が設立されました》

日次:平成24年9月7日(金) 午後7時〜
場所:秋田県横手市大森 前田公民館


【参加者】

保呂羽地区活動員 佐藤、伊藤  保呂羽地区住民計(16人)
横手市 菊池  県南NPOセンター 菅原 、事務局 佐藤 

◇設立会内容

佐藤会長
規約・事業計画について説明。

質疑

会員A: 地域で一部負担を頂いた場合は社会実験費の減額とかが生じるのか?

県南NPОセンター(菅原理事) :
実際は、その年の降雪量や対象世帯の通路延長も異なるため、実施してみないとあまりにも不確定要素が多いことから、社会実験としては、委託費用は標準推定単価で計上しています。
清算額が委託費を上回っていれば良いとお考えください。
尚今回の委託費には、損害保険費は含まれておりません。損害保険は県南NPOセンターで別途かけるように今手続きとっています。
補償額についてはこれから役員の方と話合って決めていく予定になっています。

会員B:
社会実験は、雪よせに取り組むが、それとて、実施してみないと分からい事が沢山ある
まずはやってみるという事で進めていくべきだ。

やってみて色々な事が起こると思うが、そういった時は又、話合いをして規約などを、見直して進めば良い。

最初から完璧なものは無いし、まず無料で進めながら【助ける側と助けられる側】双方で折り合う費用を決めて行けば良い。

会員C
今後地域で実施して行く場合に必要なので、保険費用はいくらくらいになるのか?

県南NPОセンター(菅原理事) :
金額は現在、保険会社と交渉中です。確定しだいお知らせします。

佐藤 会長
実際の作業は、坂部地区と前田地区に区分される。更には集落単位での取り組み
を考えている。

菊地副会長
先日役員で対象世帯を数えてみたら10世帯程度となった。私的にはなんとかなりそうだなと感じている。

会員D
新規に機械を買う訳ではないし、通常謝礼の、半分程度の費用金額でやってあげれば
双方とも良い。
社会実験の金額では多くは出来ないけれど、無理しないで出来る回数なので良い事だと思う。皆さんどうでしょうか?

会員E
無償というのは、とても気になる。今年はタダで来年は同じ作業でお金をもらわないといけないという話で。今年から少しお金をもらった方がいいのではないか。

 

菊地 副会長
今年はいいけれども、来年からも継続できるように補助金をさがしたい。
横手市では何か良い制度はないですか?

横手市 
この事業は、新しい公共の場づくりモデル事業という事で、住民の皆さんが自分達で住みよい町にしうという事ですので今年は補助金があるから事業をやるが来年は補助金が無いからどうすれば良いかという話ではなくて、やはりあるものが無くなってもその仕組みが回るような形を想定して今から取り組んでいただきたいと思います。
活動資金については、仮にそれが無くなっても出来る仕組みを今から準備しておく事が、この活動を継続していく事になると思います。
その辺を地域の皆さんで話あって決めていった方がいいのではないかと思います。

今年は実験をする、来年は実験の結果を踏まえて来年の事を話合うというのも一つだと思います。

今年から、ある程度利用料金を決めて来年に備えるというのも一つでしょうし
地域の考え方が色々あると思いますので、皆さんで決めていただければと思います。

この後も地域で回る仕組みを作ろうとしているので、この後の事を見据えて話あっていただければいいです。

老人クラブ会長
今後、雪よせだけでなく、沢山のことが出てくるのは必至だ。

会員B:
別途作業を頼まれた場合は、個別に費用を頂けばよい。
個別単価を一通り決めて、双方で話合いすれば良いと思う。

伊藤 副会長
今年はあくまで社会実験だし、実験をやっている間に色んなデータが集まってくる事なので、これからに繋がる費用も実験のデータをもとに出していけるのはないか。
データ取りまとめたりするので、事務局体制が大変だ。

会員B:
事務局の方に、もっと費用を出してデータ収集に力を入れた方が良い。
季節別に色々な要望がでるだろう。
そうゆう情報を収集する事務局が大変になるだろうから社会実験費用は有効に活用した方が良い。作業そのものはやっている間にいくらいくらでやるといった感じで相場みたいな話がでるし、情報をまとめる事務局に力を入れるべきだ。

佐藤会長
上手くいきそうな気がします。役員で検討させてください。

会員F
頼む人は、自分で困っているからお願いするわけですよね、当然タダでお願いしようと思っている人は、たぶんいないと思う。

会員B:
そう考えれば何かのお礼とか謝礼はあって当たり前で費用は当然発生してくると思う。
適正な金額に設定すれば、皆払ってくれる。それでいいのではないですか。
そういう形で成り立つのではないかな。みんなもそう思うでしょ?

菊地副会長
そういうふうに考えれば来年以降もやっていけるような気がする。

会員G
肝心な事務局長が決まっていない。
役員で暫定的に今年はやってもらえませんか。

佐藤会長
役員三人で相談して決定します。
共助の活動は来年度も皆知恵を絞ってやるという事で今日の設立会を締めたいと思います。
御苦労さまでした。

   
                 
特定非営利活動法人 秋田県南NPOセンター 
〒013-0061 秋田県横手市横手町字下真山68−3
連絡先 TEL 0182-33-7002 FAX 0182-33-7038
 
HOME | 法人概要| 助成金情報 | 広報・情報誌
コミュニティビジネス支援 | IT支援 | CSR支援若者の行動力発揮推進事業
法人定款 | リンク集 | サイトマップ| 周辺地図 | 会員募集
このウェブサイトについて | プライバシーポリシー
Copyright(C) 2009 . non profit organization Akita kennan npo center All right reserved.
inserted by FC2 system